スポンサードリンク



VBScriptで作った割り勘アプリを改良してみましょう。

VBScriptのメリットは、プログラムを改良したり、カスタマイズすることが、簡単にできることです。

そこで前回に作った、割り勘アプリを改良してみましょう。

改良点
・会計時の金額と、人数も表示する。
・幹事が人数分集めた合計金額がわかるようにする。

このような場合も、簡単にできます。

【1】以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample023.vbs

Option Explicit

Dim ans, m, p
Dim y1, y10, y100

m = InputBox("金額を入力してください。", "入力")
p = InputBox("人数を入力してください。", "入力")

y1 = Round(m / p)
y10 = Round(m / p / 10) * 10
y100 = Round(m / p / 100) * 100

ans = "金額:" & m & "円" & " 人数:" & p & "人" & vbCr _
    & "1円単位:" & y1 & "円 → " & (y1 * p) & "円" & vbCr _
    & "10円単位:" & y10 & "円 → " & (y10 * p) & "円" & vbCr _
    & "100円単位:" & y100 & "円 → " & (y100 * p) & "円"

MsgBox ans, , "答え"



【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

図のように金額は10000、
VBScript

人数は6を入力します。
VBScript

*数字は、全て半角で入力します。


【3】すると、以下のような計算結果になるはずです。

VBScript

ちゃんと金額、人数が表示されています。
幹事が人数分集めた合計金額がわかるようになったので、便利ですね。

あと課題があるとすれば、金額が少ないと、精度がいまいちです。

例えば、金額は1000、人数は6を入力してみてください。

VBScript

100円単位が雑で、多く集めてしまうことになります。

幹事さんは儲かりますが(笑)

まぁ、飲み会でお会計が1000円ということはないでしょうし、
金額が上がるほど、精度はよくなりますから、とりあえずOKとしましょう。


【プログラムの解説】
今回新たに加えた部分だけ説明します。

金額と人数を表示している部分です。
ans = "金額:" & m & "円" & " 人数:" & p & "人" & vbCr _
わざと全角のスペースで、文字の間を空けています。

人数分の合計金額を表示している部分です。
→ " & (y1 * p) & "円"
→ " & (y10 * p) & "円"
→ " & (y100 * p) & "円"

変数pには、人数が入っているので、掛け算をしているだけです。


どうですか?

このように、プログラミングが出来ると、オリジナルのアプリケーションソフトの改良やカスタマイズが、自由自在に出来るのが、プログラミングの楽しさです。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。