スポンサードリンク



VBScriptで、関数を使った計算式に挑戦してみましょう。

VBScriptには、計算に使えるさまざまな関数が用意されています。

今回は、関数を使い、もうちょっと複雑な計算式に挑戦してみましょう。

関数が使えると、便利です。
プログラムが簡単になります。

例えば「Round」は、小数点以下を四捨五入してくれる関数です。

どの位置で四捨五入するか、引数で指定もできます。

早速、試してみましょう。

【1】以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample019.vbs

Option Explicit

Dim ans, a, b, c

a = 10
b = 3
c = 5

ans = Round(a / b, c)

MsgBox ans, , "答え"



【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

VBScript

この計算式の小数点以下は、ずっと3が続きます。
そこで四捨五入され、第5位までが求められています。

ちゃんと切り捨てられています。

でもこの計算だけだと、本当に四捨五入されているか、わかり難いですよね。

小数点が、5以上の場合がわからないからです。


【3】次のプログラムも試してみてください。

ファイル名 sample020.vbs

Option Explicit

Dim ans, a, b, c

a = 10
b = 6
c = 5

ans = Round(a / b, c)

MsgBox ans, , "答え"


VBScript

この計算式の小数点以下は、ずっと6が続きます。
四捨五入され、第5位が繰り上がっています。

これでちゃんと四捨五入されているのが、確認できました。


【プログラムの解説】
まとめて変数を宣言しています。
Dim ans, a, b, c

変数に値を代入しています。
a = 10
b = 3
c = 5

実際に計算して、答えを代入している部分です。
ans = Round(a / b, c)

Roundの書式は、以下の通りです。
Round(数値, [小数点の位置])

したがって、変数を実際の数値に置き換えると、
ans = Round(10 / 3, 5)
となります。

これは、10÷3 の答えを、小数点第5位まで求めるという意味になります。

2つ目の引数である、[小数点の位置]は、省略可能です。
省略した場合は、小数点以下を四捨五入して、整数部分だけになります。

あとはメッセージボックスに表示するだけです。
MsgBox ans, , "答え"

余裕のある人は、変数に代入する数値を変え、いろいろ試してみてください。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ