スポンサードリンク



VBScriptで、簡単な計算機を作ってみましょう。

VBScriptで、オリジナルの計算機を作ってみましょう。

プログラムで計算ができると、VBScriptの用途が、一気に広がります。

メリットとしては、プログラムの中に、計算式が残せるので、修正がしやすいこと。

応用すると、電卓よりも、もうちょっと複雑な計算ができることなどです。

とても簡単なので、早速試してみましょう。

【1】以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample017.vbs

Option Explicit

Dim ans

ans = 1 + 2 + 3 + 4 + 5

MsgBox ans, , "答え"



【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

VBScript

ちゃんと計算結果が表示されましたね。
答えも合っています。


【3】次は四則演算を組み合わせた式を試してみましょう。

ファイル名 sample018.vbs

Option Explicit

Dim ans

ans = (1 + 2) / 3 * (4 - 5)

MsgBox ans, , "答え"



【4】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

VBScript

これも大丈夫です。
( )カッコの計算や、演算子の優先順位もバッチリです。

このように、ちょっと複雑な計算になると、電卓では面倒だし、
式や数値が変わると、修正したり、何度も試すのは大変です。

VBScriptでは、プログラムの中に計算式が書けるので、便利ですよね。

これだけでも、VBScriptでプログラミングする価値があります。

ここまで来ると、プログラムでコンピューターを操作する感覚が掴めるのではないでしょうか?

それがプログラミングの楽しさです。


【プログラムの解説】
あらかじめansという変数を宣言しておいて、
Dim ans

計算結果を変数に代入し、
ans = 1 + 2 + 3 + 4 + 5
ans = (1 + 2) / 3 * (4 - 5)

メッセージボックスで表示しているだけです。(タイトル付き)
MsgBox ans, , "答え"

また、プログラミングでは、四則演算に使う記号(演算子)が、算数とはちょっと違います。
そこだけは注意してください。

足し算や引き算は同じですが、

×(掛け算)は、*(アスタリスク)を使います。
÷(割り算)は、/(スラッシュ)を使います。

そして *、/ は、必ず半角で入力します。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。