スポンサードリンク



VBScriptで、プログラムの中にコメントを書くには?

VBScriptでも、プログラム(ソースコード)の中にコメントを書くことができます。

プログラミング言語で言うコメントとは、注釈のことです。

コメントは、プログラムについての補足的な説明や、メモと考えてください。

プログラムは、時間が経つと、書いた本人でさえわからなくなることがあります。

第三者から見れば、なおさらです。

そこで通常は、プログラマーがプログラムを書く時に、コメントを書き込みます。

コメントがあると、プログラムの保守管理がしやすくなるメリットがあります。

【1】以下のように、コメントを含めてプログラミングします。

ファイル名 sample013.vbs

'変数を明示的に宣言
Option Explicit

'変数を宣言
Dim str

'変数に値を代入
str = "日付:" & Date & vbCr & "時刻:" & Time

'メッセージボックスで変数を表示
MsgBox(str)


*「'」は半角ですので、入力する時は、注意してください。


【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

VBScript

これまで通り、ちゃんと動きますね。

コメントがあるおかげで、プログラムの意味が、わかりやすくなったと思います。


【プログラムの解説】
「'」(シングルクォーテーション)の後から、行末までがコメントになります。

「'」の代わりに「Rem」を使うこともできますが、「'」のほうが一般的です。

プログラムの実行時には、コメントは無視されるので、動作に影響はありません。

長いコメントも書けますが、普通は短く、わかりやすく書きます。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ