スポンサードリンク



VBScriptのエラーメッセージについて。

VBScriptでプログラミングしていると、エラーが出ることがあります。

そのほとんどは、プログラマーの入力ミスです。

プログラミング初心者に、入力ミスはつきものです。

プログラミング初心者の中には、エラーメッセージが出ると、
あわてて直ぐに消してしまう人がいます。

でもエラーメッセージの中には、問題解決のヒントが書かれています。
答え自体が書かれていることもあります。

プログラミング上達のためには、エラーメッセージを、よく読むことが大切です。

そこで今回は、エラーの表示に慣れましょう。

【1】以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample009.vbs

MsgBox("日付:" & Date & vbCr _
    & "時刻:" & Time
)


MsgBoxの「)」閉じカッコを、わざと次の行に書いています。


【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

VBScript

エラーが出るはずです。

よく見ると、プログラムの2行目に問題があると書いています。

また「)がありません」とちゃんと教えてくれています。

このように、エラーメッセージは、いろんな情報をプログラマーに教えてくれています。

プログラマーを困らせるために出ているわけではないのです(笑)

今回のように、原因や理由を明確に教えてくれる場合もありますが、そうでない場合もあります。

例えば、前後の行に問題がある場合とか。

それでも、大体の原因の場所を特定する参考にはなります。

エラーメッセージが出たからと言って、慌てて閉じずに、よく読む習慣を身に付けましょう。

それがプログラミング上達の秘訣です。

これはどのプログラミング言語でも言える事です。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ