スポンサードリンク



VBScriptのプログラム内で改行するには?

VBScriptでは、プログラムのソースコード(スクリプトファイル)内で改行することができます。

プログラムの1行が長くなってきた時に、改行はとても便利なので、ぜひ覚えましょう。

【1】以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample007.vbs

MsgBox("日付:" & Date & vbCr _
    & "時刻:" & Time)


今回から図は省略します。


【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

どうですか?
普通に実行できますよね?

VBScript


【プログラムの解説】
わかりやすいように、「日付:」と「時刻:」の文字列を加えています。

文字列は、「"」(ダブルクォーテーション)で囲み、&(アンパサンド)で連結することができましたね。

vbCrは、MsgBox内での改行のことです。前回の記事で説明しました。

今回重要なのは、行継続文字「 _」 半角スペースと半角アンダースコア(アンダーバー)の部分です。

*半角スペースも大事なので、お忘れなく!

これにより、本来1行で書くべきプログラムを、複数行に分けて書くことができます。
もちろん2行以上の場合も可能です。

また、キーボードのTabキーでインデントという字下げを行い、見やすくしています。
プログラムに半角の空白スペースがいくつか挿入されているはずです。

インデントは、プログラムの動作に影響することはありません。

無くても大丈夫ですが、プログラムを見やすくするために、加えておいたほうがよいでしょう。

そして、もう一点。
文字列連結の&を、行継続文字「 _」の前に書く場合は、以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample008.vbs

MsgBox("日付:" & Date & vbCr & _
    "時刻:" & Time)


これでも同じ結果になるので、試してみてください。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ