スポンサードリンク



VBScriptで、日付と時刻を表示してみましょう。

VBScriptで、日付と時刻を表示するには、
あらかじめ用意されている関数を使うと、簡単にできます。

【1】以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample003.vbs

MsgBox(Now)


VBScript


【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

VBScript


【3】以下のように、日付と時刻が表示されれば、OKです。

VBScript


【4】MsgBox(メッセージボックス)の「OK」ボタンをクリックして、終了します。

VBScript


【5】また、日付と時刻を表示するには、以下のようにプログラムを書くこともできます。

ファイル名 sample004.vbs

MsgBox(Date & " " & Time)


これも動作確認してみてください。
同じ結果になるはずです。


【プログラムの解説】
Nowは、システムの現在の「日付と時刻」を返す関数です。
Dateは、システムの現在の「日付」を返す関数です。
Timeは、システムの現在の「時刻」を返す関数です。

Nowを使うか、DateとTimeを使うかは、目的によって使い分けます。

& " " &で、日付と時刻の間に、半角の空白を挿入しています。
日付と時刻がくっついていると、見にくいからです。

プログラミングでは、半角の空白も大事です。覚えておきましょう。

復習ですが、&(アンパサンド)は、文字列の連結に使いましたね。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ