スポンサードリンク



VBScriptのメリットについて。

VBScriptメリットは、いろいろあります。

(1)準備不要
何といっても一番のメリットは、何も準備せずに、Windows上で実行できることです。

Windowsパソコンで、IE(Internet Explorer)がインストールされている機種なら、直ぐにVBScriptが使えます。

またプログラムは、Windows付属のメモ帳でも書くことができます。

プログラミング初心者がプログラムを学ぶ際、
一番最初の壁は、プログラムの開発環境をインストールすることです。

VBScriptなら、インストールなどの手間は不要です。

初心者でもすぐにプログラミングを始められることが、最大のメリットだと考えています。

(2)スクリプト言語である。
VBScriptはスクリプト言語なので、メモ帳などのテキストエディタがあれば、すぐにプログラミングを始められます。

それにインタプリタ方式なので、面倒なコンパイルも不要です。

(3)動作する環境が多い
VBScriptは、いろんな環境で実行できます。
・Microsoft社のWindows上(WSH)
・Internet Explorer(HTMLに組み込める)
・サーバーサイド(ASP)

つまりVBScriptは、
Windowsで動作するアプリケーションも作れるし、
Webブラウザで動作するアプリケーションも作れるし、
サーバーサイドで動作するアプリケーションも作れるのです。

しかしWebブラウザやサーバーサイドは、既に他のプログラミング言語が普及しています。

「今さらVBScript?」という感じもあるので、

Windows上(WSH)で動作するVBScriptのプログラミングに焦点を絞りたいと思います。

(4)機能が拡張できる
VBScript自体は、それほど機能が豊富というわけではありませんが、
コンポーネントを利用することで、様々なことができるようになります。

例えば、Basp21を利用すると、メールの送受信や、高度な文字列操作ができるようになります。

(5)Windowsのアプリケーションを操作できる
VBScriptは、Excelなどのアプリケーションも、操作することができます。

アイデア次第で、使い方は無限に広がりますよ。

(6)ローカルのファイルが扱える
VBScriptは、ローカルのテキストファイル等の読み書きができます。

ローカルファイルが扱えると、用途が格段に広がります。

(7)VBやVBAの勉強になる
VBScriptは、VBやVBAとほとんど同じなので、入り口としても、プログラミング初心者にはメリットのある言語だと思います。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ