スポンサードリンク



VBScriptで、メッセージボックスに、タイトルを表示してみましょう。

VBScriptでは、メッセージボックス(MsgBox)に、タイトルを表示することができます。

通常、メッセージボックスの書式は、以下の通りです。
MsgBox(メッセージ[, ボタンの種類, [タイトル]])

[ ](カッコ)は、省略可能な引数を表しています。
つまりメッセージ以外は、省略可能です。

だから今までは、MsgBox(str) という使い方ができたわけです。

また、引数が複数ある場合は、「,」(カンマ)で区切る決まりになっています。

したがって今回は、以下のような書式を使います。
MsgBox(メッセージ, , [タイトル])

ポイントは、省略した引数も、カンマは残しておく必要があることです。

そして大事なポイントが、もう一つあります。

実は、上記の書式のままMsgBoxを使うと、実行時にエラーが出ます。

原因は、MsgBoxが値を返すためです。

そのため( )を使う場合は、プログラムの書き方が、少し異なります。
これについては、後で説明します。

一番簡単な解決策は、( )を外すことです。

ということで、最終的な書式は、以下の通りです。
MsgBox メッセージ, , [タイトル]

【1】以下のようにプログラミングします。

ファイル名 sample014.vbs

Option Explicit

Dim str

str = "日付:" & Date & vbCr & "時刻:" & Time

MsgBox str, , "時計"


*「,」は半角ですので、入力する時は、注意してください。


【2】vbsファイルをダブルクリックして実行します。

VBScript

どうですか?
MsgBoxにタイトルが表示されますよね。


ついでに、( )を付けた場合のプログラムも書いておきます。

ファイル名 sample015.vbs

Option Explicit

Dim str, res

str = "日付:" & Date & vbCr & "時刻:" & Time

res = MsgBox(str, , "時計")


あらかじめ res という変数を用意しておきます。
(変数名は何でもかまいません)

そして、MsgBoxが返す値(戻り値)を、変数resで受け取ります。
ここで受け取るとは、代入するという意味。

たったこれだけです。

でも前者のほうが、プログラムがシンプルですよね。

【プログラムの解説】
変数は、複数まとめて宣言できます。カンマで区切ります。
Dim str, res

分けて書いても同じです。
Dim str
Dim res

余裕がある人は、試してみてください。

ファイル名 sample016.vbs

Option Explicit

Dim str
Dim res

str = "日付:" & Date & vbCr & "時刻:" & Time

res = MsgBox(str, , "時計")


スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。