スポンサードリンク

VBScriptで、はじめてのプログラムを書いて、実行しましょう。

VBScriptでのプログラミングと実行は、メチャクチャ簡単です。

インストールなどの準備は、一切不要です。

それでは早速、初めてのVBScriptプログラムを書いてみましょう。

【1】まず、テキストエディタを開き、以下のようにプログラムを書きます。

ファイル名 sample001.vbs

MsgBox("こんにちは")


VBScript

このように、プログラムを書く作業を、プログラミングと言います。

保存先は、ファイルを実行できる権限のあるフォルダ(場所)なら、どこでもかまいません。


【2】あとは名前を付けて保存する時に、拡張子を「.vbs」にするだけです。

VBScript

テキストエディタで保存する時、初期値は「.txt」となっているはずです。

これを「.vbs」にするだけです。


【3】拡張子を「.vbs」にすると、Windowsのアイコンが変わります。

VBScript


【4】VBScriptで書いたプログラムの実行方法も、とても簡単です。
vbsファイルを、ダブルクリックするだけです。

VBScript


【5】実行結果が、以下のように表示されれば、成功です。

VBScript


【6】MsgBox(メッセージボックス)の「OK」ボタンをクリックして、終了します。

VBScript


どうですか?
VBScriptのプログラミングと実行は、とても簡単ですよね。

あまりにも簡単すぎて、拍子抜けしたかもしれません。

でもこの簡単さ、手軽さこそが、
まったくのプログラミング初心者には、おすすめなのです。

しかも、実際にプログラムを書き、パソコンを思い通りに動かせる喜びを、
こんなに簡単に体験できるのですから、VBScriptは凄いです。


【プログラムの解説】
MsgBox()は、メッセージボックスを表示する関数です。
()カッコの中に、表示したいことを書きます。
今回は、文字列を書きました。
文字列は"(ダブルクォーテーション)で囲む決まりがあります。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ