スポンサードリンク



VBScriptとは何?

VBScriptとは、Microsoft Visual Basic Scripting Editionのことで、プログラミング言語の一つです。

VBScriptは、VB(Visual Basic)の簡易版(サブセット)と言われています。

そのため、VBやVBA(Visual Basic for Applications)と、文法がほとんど同じです。

使える機能が違うので、完全な互換性はありませんが、VBやVBAの勉強にもなります。

VBScriptは、Microsoft社のWindows上(WSH)、IIS、IE(Internet Explorer)上で動作します。

しかもスクリプト言語なので、簡単にプログラムを書いて、直ぐに実行することができます。

インタプリタ方式なので、面倒なコンパイルも不要です。

VBScriptは、実行できる範囲が広い、面白いプログラミング言語です。

ASPに組み込むことで、サーバーサイドのプログラミング言語としても使えるし、

WSHを使用することで、Windows上でも実行できます。

また、HTMLに組み込むことで、WebブラウザであるInternet Explorer上でも実行できます。

しかし、サーバーサイドのプログラミング言語としては、PHP、Perl、Ruby、Pythonなどが一般的です。

Webブラウザでは、JavaScriptがよく使われています。

そこで、この初心者入門講座では、「Windows上で手軽に実行できる」というVBScriptのメリットに絞って、紹介したいと思います。

この無料講座を学んだ後に、VBScriptについてもっと知りたくなった方は、以下のような書籍が参考になります。



VBScriptの機能について、辞書的に調べることができます。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。