スポンサードリンク

VBScriptで、Round関数の代わりに、IntやFixを使ってみましょう。

VBScriptには、さまざまな関数が用意されていることは、これまでにも説明してきました。

Round関数のように、小数点以下の計算に使える関数は、他にもいくつかあります。

Round() 小数点以下を四捨五入します。
Int() 小数点以下を切り捨てます。
Fix() 小数点以下を切り捨てます。

今回は、Round関数の代わりに、IntやFixを使った場合に、計算結果がどう変わるか、試してみましょう。

【1】ファイル名sample023.vbsをコピーして、sample023-1.vbsとsample023-2.vbsを作ります。


【2】あとはRoundの部分を、それぞれIntやFixに書き換えるだけです。


【3】準備が出来たら、各プログラムを実行してみましょう。

左から、Round、Int、Fixの場合の結果です。
VBScript

Roundは四捨五入です。

IntとFixは、同じく切り捨てです。

でも厳密に言うと、IntとFixでは、マイナスの値の場合、小数点以下の処理が、ちょっと異なります。

今回は、計算結果が同じになりましたが。

このように使う関数を何にするかで、計算結果が異なります。

したがって、得たい結果(目的)に合わせて、どの関数を使うか、考える必要があります。

関数を使いこなし、オリジナルのアプリケーションソフトを、いろいろ改良したり、カスタマイズできると、プログラミングが楽しいですよね。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ