スポンサードリンク

VBScriptで、収入換算アプリを作ってみましょう。

VBScriptで作るアプリケーションソフトの応用です。

年収から、月、日、時、分、秒まで、時間別の収入を計算できるアプリを作ってみましょう。

ビル・ゲイツのような世界的な大富豪、スポーツ選手、スーパースター、芸能人達が、
1日、1分、1秒で、一体いくら稼ぐのか、たまに話題になることがありますよね?

私も興味がありますw

そのような計算ができるアプリを作りたいわけです。

「収入換算アプリ」というネーミングが適しているかわかりませんが、

イメージは掴めますよね?

こんなアプリが作れればOKです。

VBScript

一見、難しそうですが、

これまでに学んだプログラムのちょっとした応用で、簡単にできます。

【プログラム作成のヒント】
・時間を表す変数は、それぞれ y, m, d, h, min, s とする。(mは月で、minは分)
・年収は円単位で、インプットボックスから入力する。
・1年は365日で計算する。(うるう年は考慮しない)
・時給は24時間で計算する。(平均労働時間は人それぞれ違うので)

・計算結果は、Round関数で四捨五入する。
・今回は四捨五入による丸め誤差は気にしない。

・月、日は1円まで表示。
・時は小数点第1位まで表示。
・分は小数点第2位まで表示。
・秒は小数点第3位まで表示。

まずは答えを見る前に、ご自身で考えてみてください。

そのほうがプログラミングの力が付き、応用範囲も広がりますから。

どうですか、出来ましたか?

プログラムの回答例は、次回の記事に掲載します。

お楽しみに!

ps:
これまでのステップでやったVBScriptのプログラムをちゃんと理解できていれば、

上記のヒントだけで作れるはずです。

もし何も思いつかない、イメージできない場合は、
VBScriptプログラミングの理解不足なので、
ステップを戻って復習したほうが、近道かも。

スポンサードリンク






VBScript 初心者入門講座 TOPへ